2006年5月 1日 (月)

古本屋

近くにある古本屋さん、お店の奥の方に「100円」コーナーがあります。

店に入ると、わき目も振らず「100円」コーナーへ直行!

この一角はお客さんも少なく・20分~30分もねばる人も少なく・・・・・そ~ですね、私くらいですねぇ、この場で居座る人って。

店員さんも嫌でしょう。

でもこのコーナー無くなったら、私は多分行かないだろうな~と思いますよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

友人オススメの作家

友人Aちゃんがお薦めの作家は「さいとう ひとり」さん。

どこかの会社の社長さんなのかな?よく聞きませんでしたが、素敵な言葉・元気が出る言葉・を書いてるそうです。

それは読んでみよう!と、本屋さんへ行ったのですが・・・・いろいろ目移りしちゃって・・・・。

なんて事でしょう、違う作家の本を購入してしまいました。

ごめんねAちゃん。

どうにもへそが曲がってるので、時々こんなことしちゃうんですよぉ・・・。

本と映画は、人から「良かったよ、読んで・観て!!」と薦められると、観たくなくなる、と言う困った性格のようです。

だから、いい本見つけたら・・・・「読んでみてもいいかもよ・・」程度にしていただけると、読むかもしれません。

嫌な、めんどくさい性格ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

蚊学

科学は、昔は好きだったんだけど、忘れちゃいました。

「蚊学」なら面白いかもしれない、と

昔読んだ「蚊学の書」 椎名誠(編著)、読み返していました。

蚊も色が解るんですね、ピンク色はあまり好まないそうです。

音も解るんですね、ハーモニカの音が好きで・小川のせせらぎの音は嫌い、だそうです。

あんなにちっちゃい頭でも、ずい分いろいろ考えてるんですね、

凄いなぁ~

私、蚊の何倍もある頭持ってるのに・・・・・使わないと・・・・・(>_<)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

アド・バード

椎名誠のSF小説「アド・バード」

読んだのは、2年ほど前だったかなぁ・・・。

読んでいて、内容を上手くイメージ出来なかったんですよ。

いろいろ変化した虫・動物・植物 が出てくるんですが、見たこと無い物ばかりだから・・・。

こんな感じ? あんな感じ?

と頭の中でいろいろイメージしたんですが、よく解らなかったんです・・・・・。

なんか、情けない・・・・私の頭の中って・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

ミステリー好き

昔から、怖がりのくせに読んでしまう、ホラーミステリー系の本。

社会人となって、しばらくはまったのが、スティーヴン・キングの本でした。

「トウモロコシ畑の子供達」  「神々のワードプロセッサー」・・・・・・

今では、「グリーンマイル」 「ドリームチャッチャー」・・・・・その他数多くありますが、最後にぞぞ~っとする話が好きで。

しかし、本当にあった怖い話 はダメです。

もちろん、心霊現象もダメです。

あくまでも、フィクションがいいのです・・・・やっぱり怖がりなので・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

「透明人間の告白」

以前から、一度読んでみたいと思ってた本でしたが、時期をのがして買えずにいました。

最近本屋で発見したので、思わず購入、

「透明人間の告白」 H.F.セイント(著)です。

小さい時、「透明人間」になってみたいと思った事が有ります、

好きな所に自由に行ける、秘密基地にも勝手に入れる・・・なんてね。

しかし、もし透明になってしまうと、

なかなか大変のようですよ!!

何か食べると、食物がたまった胃だけが浮かび上がって、見えてしまう

道を歩いていると、後ろから自転車が突っ込んできて、あやうく大怪我をするとこだった、とか

物を持つと、物だけふわふわ~動いてるように見えますから、気味悪がられる

この主人公は、原因不明で透明になってしまったようで、元に戻る方法が解らない・・・・こーなると、誰ともおしゃべりが出来ない、物を買えない、お金が無くなる、仕事も出来ない・・・・・。

私も身内がこーなったら、不安ですよ、

なんか密かに覗き見、されてるようで、落ち着かないかもしれない。

本の中だけで十分です(この歳で やっと解った・・・) (^^ゞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

笑っちゃた本

4087492931 古い本ですが、椎名誠さんの本です。

10年ほど前、ビール飲みながら、何気に読んでて、

「ぶっ フ フ フッ」

1人で笑っちゃた本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

はじめました!

読書好きになった、第一冊目は

灰谷 健次郎の「太陽の子」でした。

けっこう最後は、涙 涙でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)